訪問看護師の仕事

訪問看護師として仕事をしよう

訪問看護師の仕事

訪問看護師の仕事は、在宅療養者やその家族が、在宅で安心して療養生活を送れるように、サポートすることです。
訪問看護を利用する在宅療養者には、終末期の方や慢性の疾患で療養されている方、心身に何らかの障害を抱える方など、様々な方がいらっしゃいますので、そのような療養者に合わせた看護サービスを提供するのです。

このような訪問看護師の仕事には、療養上のお世話があります。
身体を拭いたり髪を洗ったり、入浴や食事、排せつなどを介助したり、指導したりするのです。
また、病状観察も重要な仕事です。
病気や障害の状態を観察したり、血圧や体温、脈拍といったバイタルをチェックしたりして、病状に変化はないか確かめるのです。

訪問看護師の仕事の中には、医師の指示に基づいて、注射や点滴、胃ろう、喀痰吸引などの医療処置を行うこともあります。
通常、これらの医療行為は、看護師だけでは行うことができませんので、必ず、医師の指示を受けてから行うことが必要です。
終末期の療養者や家族に対しては、ターミナルケアを行うこともあります。
最期まで、自宅で自分らしく過ごせるように、療養者や家族をケアしてあげるのです。
この他では、療養者の家族に対する介護の相談や支援もあります。
ほとんどの療養者の家族には、専門的な知識はないため、看護の専門家である訪問看護師に、相談に応じてもらったり、支援してもらったりすることで、安心して療養者に対して介護することができます。

訪問看護では、訪問看護師や主治医がいないときには、訪問看護師が対応することも少なくありません。
そのため、オンコール体制を取っている訪問看護ステーションも多く、電話で介護士や家族の相談に応じたり、緊急時には療養者の元に駆けつけたりすることもあります。
このような訪問看護師の仕事では、ミスは許されず、判断が求められることも多くあります。
訪問看護師を目指している方は、まずは、病院などへ勤務して、経験を積んでおくと安心です。