褥創処置

訪問看護師として仕事をしよう

褥創処置

長時間同じ姿勢でいると、圧迫されて、ベッドなどとの接触部分が血行不良となって壊死してしまうことがあります。
それを、「床ずれ」や「褥創」と言います。
褥創は、放っておくと真皮にまで達してしまい、細菌感染してしまうこともあります。
さらに進むと、筋肉や骨まで損傷して、骨髄炎や敗血症を発症してしまうこともあります。
訪問看護の利用者には、寝たきりの療養者も、多くいらっしゃいます。
そのため、このような褥創を患ってしまう方も多いのです。
訪問看護師の仕事では、この褥創処置も大切な仕事となっています。

褥創処置では、ラップ療法による処置も多くなっています。
ラップ療法とは、褥創にドレッシング材と呼ばれるフィルムを貼って治す方法です。
褥創には、状態に応じたステージがありますが、ラップ療法は、全てのステージに効果的なようです。
ラップ療法では、褥創を消毒したり、抗菌薬を使用したりすることはしません。
壊死した部分を取り除いて、褥創を洗浄したら、ドレッシング材で覆うだけです。
しかし、ラップ療法で使用するドレッシング材は、毎日の交換が必要となります。
訪問看護師や医師の訪問がない時のために、家族が交換できるように指導しておくと安心です。
ラップ療法は、このような褥創の処置方法ですが、医療行為となっています。
訪問看護師は、必ず、医師の指示を受けて、家族の同意を得た上で行う必要があります。

また、褥創のケアでは、褥創ができる前に予防することも大切ですので、寝たきりの状態の利用者のご家族に対して、訪問看護師は、褥創の予防についても指導します。
エアマットの導入を勧めたり、褥創ができないようにするための体位変換や皮膚のケア方法、食事について指導したりするのです。

褥創は、以前に比べると簡単に治せるようになりましたが、早期に発見するに越したことはありません。
寝たきりの療養者については、症状観察や清拭、入浴などの際に、褥創ができてないか、よく観察しておくことも大切です。