創傷処置

訪問看護師として仕事をしよう

創傷処置

訪問看護師の仕事には、創傷処置というものもあります。
創傷とは、いわゆる「傷」のことで、在宅で療養している利用者の中にも、何らかの創傷を負っている方もいらっしゃいます。
寝たきりの利用者のでは、「床ずれ」とも呼ばれる褥創ができてしまうことも少なくありません。
寝たきりでいると、ベッドなどと接触している部分が、血行が悪くなってしまい、組織が壊死して、褥創ができてしまうのです。

また、訪問看護を利用される方の中には、何らかの手術を受けた術後の方もいらっしゃいます。
そのような利用者の場合には、術後の創があることもあります。
さらには、外科的処置によって、意図的に傷口を開いておくこともあります。
開放創と言って、中にたまった膿や血液を出すために、わざと開けておくのです。
その他にも、特に高齢者の場合には、皮下組織が薄くなっているので、少しのことで創傷が生じやすくなっています。
ちょっとしたことで、切り傷や擦り傷などができてしまうことがあるのです。

このような創傷に対して、洗浄したり、消毒を行ったり、ガーゼを当てたりするなどの必要な処置を行うことが、創傷処置です。
最近では、消毒液は使わないで、傷口を生理食塩水で洗った後、ドレッシング材を使用して処置する「湿潤療法」という方法での処置も多くなっています。
これまでの方法では、傷口は良く洗った後、消毒してガーゼを貼り、乾燥させてかさぶたを作って治療していましたが、湿潤療法では、傷口を良く洗うことまでは同じですが、消毒はせず、ガーゼの代わりにドレッシング材を貼り、かさぶたを作らずに治します。
ドレッシング材を貼ることで湿潤環境を作ることができ、外部からの感染を防いだり、痛みを抑えたりすることができるのです。

訪問看護師は、このような創傷処置も、とても重要な仕事となっています。
創傷を放置しておくことで、傷口から雑菌が入って、感染症などにかかってしまうことがあるので、どのような方法でも、しっかりと処置することが大切です。