喀痰吸引

訪問看護師として仕事をしよう

喀痰吸引

健康な人であれば、喀痰は、くしゃみやせきなどによって排出させたり、無意識のうちに胃の中に飲み込んだりすることができます。
しかし、病気や障害によっては、喀痰を自力で出したり、飲み込んだりできないことがあります。
喀痰が気道内に充満してしまうと、呼吸障害となってしまいます。
また高齢者で嚥下機能が低下した方の場合には、嚥下障害となってしまうことがあります。
そのため、自力で喀痰を出せない場合には、喀痰吸引が必要となります。
吸引装置を使って、喀痰を除去してあげるのです。

この喀痰吸引には、いくつか種類があります。
口から行う「口腔内吸引」や鼻から行う「鼻腔内吸引」、気道を切開している方に対して行う「気管カニューレ内吸引」などがあるのです。

口腔内吸引は、口に吸引カテーテルを入れて、奥歯とほおの間や舌の上下や周囲、前歯と唇の間などを吸引します。
嘔吐反射を誘発しないように、食後間もないときは、咽頭後壁を強く刺激しないようにする必要があります。

鼻から吸引カテーテルを入れる鼻腔内吸引では、鼻の構造をイメージしながらカテーテルを鼻の奥まで挿入して、鼻水や喀痰を吸引します。
鼻腔内吸引では、入れ方によっては、療養者に痛みを与えてしまうことがあるので、コツが必要です。

気管カニューレ内吸引は、気管カニューレ内にカテーテルを入れて喀痰を吸引するものです。
気管カニューレには、いくつかタイプがあるので、訪問看護師は、担当する療養者が使用している気管カニューレのタイプを、あらかじめ知っておくと行いやすくなります。

こうした喀痰吸引は、気管カニューレを挿入している方や人工呼吸器を装着している方、脳梗塞や気管支拡張症などを患っている方などで必要となります。
このような方は、在宅で療養している方の中にも、たくさんいらっしゃいます。
喀痰吸引は、研修を受けるなどした一部の介護職員や介護福祉士も、咽頭の手前までなら、医師の指示のもとで行うことができるようになりました。
しかし、訪問看護師にとっても、主要な業務の1つとなっています。